HOME  >  会社情報  >  沿革

沿革

1964年 1月 日本真空技術(現アルバック)が55%、米国リライアンスエレクトリックカンパニーが45%の出資比率で合弁会社日本リライアンス株式会社を資本金2,500万円にて設立 同時に米国リライアンス社と技術提携
1980年 10月 資本金を3億円に増資
1983年 4月 本社工場を金沢区福浦へ拡張移転
1988年 4月 サービス部門強化のため、日本リライアンス・サービス株式会社(現 RAS)を設立
1994年 7月 ISO9001認証取得
2003年 3月 出資比率が変更となる(アルバック81%、ロックウェル・インターナショナル19%)
2003年 12月 環境ISO14001認証取得
2004年 6月 中国上海市に愛発科自動化科技(上海)有限公司を設立
2004年 12月 RoHSへの取り組み強化のため鉛フリー対応SMT設備新設
2006年 3月 台湾台北市に、優貝克自動化股イ分有限公司 を設立
2008年 6月 タイ国エンジニア駐在開始
2010年 9月 出資比率が変更となる(アルバック100%)
2013年 11月 出資比率が変更となる(高岳製作所(現 東光高岳)80%、アルバック20%)
2017年 11月 出資比率が変更となる(アイダエンジニアリング80%、アルバック20%)
2018年 10月 子会社の株式会社RASを吸収合併する
2019年 1月 社名が株式会社REJとなる

会社情報

ホームソリューションズ製品技術情報会社情報
採用情報お問い合わせリンク集個人情報保護方針調達基本方針サイトマップ